SEO対策を行うなら専門業者

SEO(検索エンジン最適化)の対策方法は色々とあります。また、次々に新しいテクニックが開発されているため、専門の業者に依頼する方が効率的だと言えるでしょう!

SEO対策をしよう!

ホームページ制作

Seoに対するgoogleのアルゴリズム変更

主なものに次のようなものがあります。

  • ① ペンギンアップデート
  • ② パンダアップデート
  • ③ アウルアップデート
  • ④ ベニスアップデート

などがあります。2016年からはgoogleのアルゴリズムにおけるAIの依存が増えており、上記のようなものは減っています。

① ペンギンアップデート(Penguin Update)

ペンギン・アップデートはスパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているWebページに対して検索結果の順位を大きく下げるものを指します。(seoが難しくなっております。)

Googleは、アルゴリズムに対して様々なペンギンアップデートを重ね、質の高いWebページを検索結果の上位に表示し検索者の元へ届けようとしております。

  • 1.ペンギンアップデート1.0 – ペンギンアルゴリズム導入 (2012年4月)
  • 2.ペンギンアップデート1.1 – データの更新 (2012年5月)
  • 3.ペンギンアップデート1.2 – データの更新 (2012年10月)
  • 4.ペンギンアップデート2.0 – アルゴリズム更新 (2013年5月)
  • 5.ペンギンアップデート2.1 – アルゴリズム更新 (2013年10月)
  • 6.ペンギンアップデート3.0 – アルゴリズム更新 (2014年10月)
  • 7.ペンギンアップデート4.0 – アルゴリズム更新 (2016年9月)

具体的にはどのようなものを指すのか?シンプルではないSEO

  • 1.他のサイトのコンテンツをかき集めて、加工した質が低いコンテンツからなるサイト
  • 2.googleを利用する検索者にとって意味のないリンク集
  • 3.SEOだけを目的としたリンクネットワーク

② パンダアップデート(Panda Update)

パンダ・アップデートとは2011年に英語圏を中心に導入され、2012年7月に日本にも導入された、主に「低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするため」のGoogleの検索アルゴリズム・アップデートのことです。

2013年3月以降、手動更新から自動更新への移行しました。これはアルゴリズムがAI、ランクブレイン導入と併せて考えられます。

③ アウルアップデート(Owl Update)

2017年4月26日にフェイクニュース(偽ニュース)対策に特化したGoogleアルゴリズムアップデートとして「アウルアップデート(Owl Update)」がGoogle公式に実施されました。

これにより、明らかなフェイクニュースの順位が下がり、googleユーザーの利便性があがりました。(これはseoとしてはまっとうなコンテンツを利用していれば影響は少なかったと言えます。)

④ベニスアップデート(Venice Update)

ベニスアップデート(ヴェニスアップデート/Venice Update)とは、ユーザーの位置情報を検索結果に反映するGoogleのアルゴリズムです。

地域性が重要で意味を持つキーワード(例えば歯医者、図書館、美容室など)について、地域を明示して検索しなくても、現在地に応じて検索結果が調整されるという仕組みです。

「歯医者 地域」と検索しなくても「歯医者」と検索した場合においてもユーザーの位置情報から有用と考えられるサイトを上位に表示させる仕組みです。

大阪、東京でseo対策をお考えなら

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.sem-consult.jp/

SEO対策に関する記事